2012年07月14日

プラス面、マイナス面はセット

kyouikuzukan.jpg 読売新聞ほうむたうん 2009年8月号掲載


最近携帯電話を持つ小中学生が増え、それに伴い、依存症、料金、
有害サイト、いじめの温床になる学校裏サイトなど、
いろいろな問題が話題になっています。

自治体によっては、中学生以下の携帯に事実上規制を定めたところさえあります。

が、その一方で子どもの安全を守るものとしてのニーズが高まっているのも事実です。

しかし当の子どもたちは「友達が持ってるから」とか
「持ってないと仲間はずれになるから」などと言う理由で
しつこく親にねだります。
さて、どうしたらいいのでしょうか。

こんな時、私がいつも考えるのは、プラスマイナスゼロの原理です。

すべてのものには、プラス面とマイナス面があり、
マイナス面は埋めていかなければなりません。
ただ楽しい思いだけをすることは、ありえないのです。
たくさんのお金を得るためには、厳しい労働が、よい結果を出すには、
たえまない努力が、かわいい犬を飼うには世話やしつけが必要なのです。
つまり、プラス面とマイナス面、すべてのものはセットになっているのです。
それを買ったことによって、勉強や家庭生活に問題が起きるようなら、
事前に決まりや条件を作って、マイナス面を防がなくてはなりません。
「条件さえ守ればいつでも買ってあげるわ」「条件?」
「まず、○○を毎日きちんとすること。あと、家族に迷惑がかかることをしたら使用禁止よ」「家族の迷惑って?」
「それはね」…などと、時間やマナー、料金のことまで細かく決めたほうがよいでしょう。

 楽しい思いには、必ずそれに見合うだけの決まりや働きをセットにして提示するのです。
それが、約束できないなら買わない、決まりを破ればすぐに取り上げる、と。

リスクや努力なしの甘い汁を一度体験すると、
子どもは甘えたりわがままを通せばどうにでもなるとたかをくくるようになり、
欲求がエスカレートすることも少なくありません。
それがいずれ、依存体質になって、やってもらって当然という身勝手な考え方をしてしまいます。
何の努力もせず、欲求が通らないとすぐに切れたりします。
楽しい事のためには、つらいことや我慢することが必ず付いてくるのだということを伝えましょう。
子ども自身がマイナス面をしっかり埋めて、プラスとマイナスがきちんとゼロになるように、話し合ってみましょう。


posted by カメ先生 at 14:19| Comment(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: