2012年07月13日

「叱る」のいろいろ

kyouikuzukan.jpg読売新聞ほうむたうん 2009年6月号掲載

今回は、叱り方について述べたいと思います。

子どもによっては、ちょっと叱っただけで泣き出す子もいれば、
叱られ慣れていて、ちっとやそっとじゃ、言うことを聞かない子もいます。

どこでこんな差が出てくるのでしょう。

私たちは、何気なしに叱っていますが、「叱る」にもいろいろな意味があって、
子どもの受け取り方が違うのです。

たとえば、「威嚇」。
子どもがだらけていたり、ふざけすぎたりしたら、ひと声かけてしゃんとさせます。
きちんと言うことを聞くように脅しをかけるわけです。

子どもに正しい行いを喚起するための「注意」もあります。

ああしなさい、こうしなさいと、細かく言い続けて、
子どもをコントロールするわけです。
そして「叱る」の一番の使命としての「罰」があります。
よく、のび太がママに、カツオが波平さんに、
呼びだされて怒鳴られたりする、あれです。

でも、これで終わりではありません。

罰を与えられて、自分の行いが間違っていたと子どもが思い知ったあと、
さらにたどりつかねばならないのが究極の目的「さとす」なのです。
子どもが自ら自分の行いを反省し、改めていくように訴えかけることです。

「あなたのしたことは、相手から見たら、どうだったと思う?
相手は今、どんな気持ちでいると思う?」 といったように、
問いかけ、子ども自身に答えを見つけさせます。

そして、子どもが答えを見つけたら
「ならば、あなたはどうしたらいいのかしら。
そうね、すぐにやりましょう、 ママも手伝うから」と、
自主的な行動を促し育てるのです。


これを叱った側がきちんとしなければ、子どもの本当の進歩はのぞめません。

叱られて、とりあえず黙っているだけ、
言うことを聞くふりをしているだけになってしまいます。
ただひどい罰を与えるだけで終わると、
子どもは異常におびえたり、やる気をなくしたりします。
また、きちんとした罰を与えないで「威嚇」ばかりでその場を押さえていると、
大人を甘く見るようになり、 少しの脅しでは言うことを聞かなくなります。

親も忙しくついつい怒鳴るばかりになりがちですが、
きちんと「さとす」ことを行うよう心がけ、 子どもが自ら行いを正しく改め、
高い自主性をもって成長する手助けをしましょう。


posted by カメ先生 at 10:37| Comment(0) | 生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: