2012年07月10日

ほめられて伸びるタイプとは? 

kyouikuzukan.jpg 2009年2月号掲載


以前ほめ方のお話で、合格したらほめる・努力をほめる・潜在能力をほめる・
できないところをほめるという4つのほめるについて述べました。
今回は5つ目の『ほめる』をお話しします。

「オレって、ほめられて伸びるタイプなんだよね」という人をときどき見かけます。
誰だって叱られたくはありません。
本当にそういうタイプはいるのでしょうか?

例えば、子どもがテストで98点をとってきたとします。
満点に近い結果をほめてあげますか?

あと2点どうしてとれなかったのかと、責めますか?

ほめられたいタイプの子どもは、自分のがんばりを認めてもらえず、
結果だけを見て叱られることにストレスを感じます。

真剣に取り組んで努力をしたが結果はうまくいかなかった、
何らかの理由で本来の力を発揮できなかったなどという時、
自分でも失敗に責任を感じている場合がほとんどで、
人から言われなくとも、悪いと思っているのです。
そんな子どもを、頭ごなしに叱れば、
「ぼくだってがんばったのに、わかってくれない」と反発します。

また近いタイプで、いつも一歩足りないと叱られる子どももいます。
本人はやる気でがんばっていますが、いつも詰めが甘い、
やり残しが目立つ、他人への心遣いが足りないなど、
あと一歩が及ばず、結局叱られる子どもです。
このタイプの子どもも、がんばっているのだから、
あまり叱ると、せっかくのやる気が失われたり、
落ち着きが無くなったり、逆効果になりかねません。

そこで登場するのが、「一歩先をほめる」ほめ方です。

自分の取り組みを認めて欲しい子どもには、
結果が出ないことを叱るのではなく、
きっと近いうちにうまく行くよ、ほめられるよと励まします。

一歩足りない子には、小言をいうのではなく、
あとひとつだけ、ここをがんばってごらんと導き、
少しでもうまくいったら、心からほめてあげるのです。

これがうまくいくと、子どもは小さなミスをこわがることなく、
何でも前向きに自分から進んで取り組むようになってきます。

もしも、少しでも子どもにやる気があることを感じたら、
頭ごなしに叱ることはやめましょう。
まずは、子どもの話を充分聞いてやり、がんばりを認め、
あと少しで良い結果が出そうなら、
あえて叱ったり注意したりせず、一歩先をほめて導いてあげます。


子どもは皆、ほめられれば自信をつけ、伸びるのです。



posted by カメ先生 at 11:02| Comment(0) | 親子関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: