2012年07月10日

いじめの考え方 [桃太郎のいじめ退治]2 鬼ヶ島、閉ざされた門をこじ開けろ!

kyouikuzukan.jpg 読売新聞ほうむたうん 2008年9月号掲載

鬼ヶ島にたどり着いた桃太郎の前に、大きな門が立ちふさがります。
その門をこじ開けて、いじめを解決していかなければなりません。

いじめを解決するため一番大事なことは、『正しい情報を手にすること』です。

証拠もなく、相手が誰かもわからないまま親が動き出すと、
相手にとぼけられたり、「悪いのはそっち」と反論されたり、
親同士のトラブルに発展したりすることも考えられます。
いじめられた被害者なのに、逆に責められる立場になることもありうるのです。


なぜこんな事になるのでしょうか。

それは、子どもは最低3つ以上の顔を持ち、
相手によって態度もしゃべる内容も違うことが、
被害者・加害者問わず、ほとんどの場合であるからです。

親の前の顔、先生の前の顔、そして友だち同士の時の顔、みんな違います。

悪気はなくとも、やはり自分の身内にはいい話だけをし、
自分の立場を悪くするようなことは最後まで話しません。

さらに、加害者が集団の場合、口裏を合わせて都合の悪いことを隠すため、
事実がなかなか表面化しないのです。

では、確かな情報をつかむにはどうしたらよいでしょうか。

まずは、どこでだれにどんないじめをうけたのか、日時・場所・内容などを克明に記録すること、
そして中立の立場にいる人(例えば先生)の協力をあおぐことです。

具体的には、「陰口いじめ」や「出る杭いじめ」なら、
中立の場の先生などと協力し、情報を確かなものにしましょう。
集団で口裏合わせをする時間を与えないように、
取り急ぎ関係者全員にいじめ事件に関する作文を書かせて、
被害者の記録とくらべてみるのも有効です。

矛盾する内容を追求し、理由のはっきりしない行動の動機を問いただせば、
加害者側の嘘が浮き出てくるでしょう。
「陰口いじめ」の場合は、作文などから被害者に同情的な文章や、
いじめの証拠に関係する内容を見つけたら、すぐに個別に話を聞きましょう。

「パワーいじめ」の場合などは、口止めやおどしを受けていることが多いので、
一人一人別々に、個人面接を行って嘘や矛盾点を洗い出す必要が出てきます。  
確かな情報をつかみ、鬼ヶ島の門をこじ開けましょう。


(次回へ続く)


posted by カメ先生 at 10:52| Comment(0) | いじめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: